メモリッチ 危険成分

新商品メモリッチの危険成分について調べてみました

目元は非常にデリケートな部位なので、化粧品に危険な成分が配合されていないか気になると思います。では、メモリッチには危険な成分は含まれているのでしょうか。

 

メモリッチはデリケートな目元のことを考えて作られています。そのため、8つの無添加で作られています。

 

パラベン・アルコール・タール系色素・合成香料・合成着色料・石油系界面活性剤・鉱物油・紫外線吸収剤は不使用です。メモリッチには独自成分のアイキシルが配合されています。

 

聞きなれない名前かもしれませんが、5種類のペプチドのことです。科学的エビデンスに基づき世界中の素材の中から価値ある素材を探しだし、最大限に力が発揮されるようにバランスよく配合をしています。

 

浸透型ビタミンC誘導体は他の化粧品にも配合されていることがよくあります。ビタミンC誘導体は従来のビタミンCよりも低刺激な成分です。

 

セラミドはもともと肌に存在している成分です。肌に潤いを与えたり、肌のバリア機能の回復をサポートしてくれたりします。

 

保湿成分は17種類配合されています。水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸・グリセリンなど、化粧品に一般的に配合される成分です。

 

このようにアイキシルには危険な成分は配合されていません。